03-5908-1410 平⽇ 9:00 - 18:00(受付時間:平⽇ 9:00 - 18:00)

  • e-ラーニング
  • 2021.04.28

最強組織をつくる5つの手順2/2

  • 成果を出すために必要なこと

実際に組織を強くしていこうと思ったときに、組織の前に立ちはだかる様々な壁があります。その壁を乗り越え、本当の意味で最強の組織をつくるには、手順が重要です。スピーディに組織を強くするためのコツを、余すところなくお伝えした動画研修です。

当研修で意識いただきたいのは、【悪貨を駆逐する際に覚悟が必要ですが辞めさせる前提ではなく、チャンスを与え真剣に関与することを握り合う】ことが重要という点です。

リーダー自ら厳しい態度で向き合い、具体的な行動変革を迫ることが重要です。
悪貨が減っていけば、全員が同じベクトルを向くことが出来るようになり、目的・目標を共有出来る組織をつくることが出来るようになります。
そうすることで、自立する組織が出来、はじめて「最強組織」になります。

動画の中では「最強組織をつくる5つの手順」の<手順3><手順4><手順5>が語られています。
チームリーダーになったばかりのリーダーや管理職/マネージャー層の方に是非見ていただきたい研修です。

この動画で身につくスキル

マネジメントスキル
ビジネススキル
チームビルディング
リーダーシップ

この動画の概要

最強組織とは

「最強組織」という言葉を聞いて、どんな組織を思い浮かべますか?

ひとりひとりのメンバーの力が生かされ、さらに相乗効果を生み「結果を出すことのできる組織」

 

最強組織をつくる5つの手順

例えば、成果の上がっていない問題の多いチームにリーダーとして派遣されました。

このチームを最強の組織にしていくために、まず最初にやるべきことは何なのか、最強の組織をつくるための5つの手順をご紹介します。

 

手順3.悪貨を駆逐する

「悪貨は良貨を駆逐する」

質の悪い人間がいると、優れた人間が姿を消す

※悪貨の定義:組織風土を乱す。または、悪い方向にみんなを引っ張っていく人物。

 

「悪貨」の対応方法

  1. リーダー自身が「厳しい態度」で変革を迫る
  2. 気持ちだけでなく、具体的な行動の変革を迫る
  3. リーダー自ら行うこと

 

辞めさせることが前提ではありませんが、リーダー自ら覚悟して行いましょう。

 

手順4.集団を組織に変える

組織と集団の違いは何でしょうか。

組織は、「一つの同じ目標に向かっていく」だからこそ組織と言えます。

集団から組織へ変えていくためには、全員のベクトルを合わせ目標・目的を共有できているチームをつくることです。

 

手順5.組織として自立する

自ら自走できる組織になって、はじめて「最強組織」ということが出来ます。

ひとりひとりのメンバーが自立し、リーダーから細かく指示されなくとも、目標達成のために必要な行動を自ら考え行動する組織の姿が自立した組織と言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

当研修では、「最強組織」をつくる5つの手順をご紹介しております。

最強組織とは、瞬間的に結果を出すのではなく、継続的に結果を出し続ける組織のことです。

「トップランナーづくり」「仲間を増やす」「悪貨を駆逐する」「集団を組織に変える」「組織として自立する」

これによって最強の組織が生まれます。

当研修だけでなく自社のマネジメント層の育成に関心のあるご担当者様、ご確認ください。

無料トライアルのご案内

今回ご紹介しましたコンテンツはビジネス特化型eラーニングサービス「Smart Boarding」の1研修です。詳細が気になりましたら、ぜひ無料トライアルをお試しください

※お試し期間中は実際のコンテンツ内容を無料で確認いただくことが出来ます。

また、その他【リモートワーク下で社員に見せたいeラーニングコース】も10点に厳選して紹介しております。新入社員の研修に課題を感じている、リモートワークを実施する中で社員のインプット/アウトプットの量が減っているのが気になる、等お考えのご担当者様は下記ページよりぜひ詳細をご確認ください。

 

【無料ダウンロード】法人向けeラーニングを導入する前に!知っておきたいeラーニング3つの落とし穴

【全6タイトル、135ページをすべて公開】リモートワークでも効果が出る!eラーニング研修 導入・運用ノウハウ集

【全6タイトル、135ページをすべて公開】リモートワークでも効果が出る!eラーニング研修 導入・運用ノウハウ集

eラーニングを導入検討している企業様、必見の情報を取りまとめました。
どのサービスを導入すべきか悩んでいる企業様に是非ご確認いただきたい資料です。

【資料タイトル⼀覧】
①導入を検討している企業様に見ていただきたい資料
・導入後の「しまった・・・」を防ぐ!eラーニングを比較検討する際に「これだけは確認してほしい」チェックリスト
・導入企業に聞いた!成果を出すきっかけになったe-ラーニングコース10選
・SmartBoardingサービス説明資料

②eラーニング研修を効果的に活用するための資料
・研修会社が自社で徹底する!リモート下でも効率的に育つ社員教育3原則
・研修効果を高める!「知っている」から「できる」にする4ステップ
・なぜeラーニングでの社員教育は失敗するの?eラーニング3つの落とし穴

弊社が法人向けeラーニングサービスを15,000アカウント導入するまでに気付いた「定着させ効果を出すため」の全てのノウハウを詰め込んだ資料をご提供します!

【注意事項】
弊社のeラーニング導⼊についての全ノウハウを公開しております。eラーニング展開企業様のお申し込み/ダウ ンロードは固くお断りさせていただきます。

【こんな方向けの資料です】

この資料を見る

この研修の講師紹介

SmartBoarding編集部 (広報部・編集長)

SmartBoarding(スマートボーディング)編集部です。
人材開発、教育などの情報収集をしている方向けに有益なコンテンツを発信していけるようサイト運営をしております。

14日間
全機能
無料トライアル
実施中

せっかく申し込んだトライアル。結局使わなかった、なんてことありませんか。
Smart Boardingは無料期間から「貴社オリジナルコース」にカスタマイズしてご提供。

 階層   課題 
  貴社オリジナルコース  

無料トライアルに申し込む

CONTACTお問い合わせ

貴社用コース付き

14日間無料トライアル

課題/展望をお伺いした上で【貴社専用のコース】を作成し、無料トライアルを14日間行って頂けます。
e-ラーニングを試してみたが使わず終わってしまったという企業様にもオススメです。

詳しくはこちら

人材開発お役立ち資料

年間6,000名の
企業研修を受け持つ

講師自らが発見をまとめた

人材開発ノウハウ公開中!

資料をダウンロードする

お電話でのお問い合わせ

03-5908-1410

(受付時間:平⽇ 9:00 〜 18:00)

よくある質問

メールフォームからのお問い合わせ